官能短歌で小説を

エロティックな短歌を連ねて書く官能小説に挑戦している、美月小夜子と申します。官能表現と短歌への思い入れを書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 美月小夜子@官能短歌で小説を | --/--/-- (--) | スポンサー広告 |


コントラスト

 分野で作品のよしあしを決め付けるのも嫌いだし、決め付けられるのも嫌いです。

 とはいえ、官能短歌、しかも、意識してハードコアな歌を詠んでいると、キワモノを思われるのもある程度は仕方がないかなとは思います。

 綺麗なだけの薄っぺらい歌を詠もうと思えば、かなり量産もできるのですが、そんなものは誰にでも作れる歌。もちろん、綺麗な歌がうすっぺらいと言っているのではありません。美しい歌の中に、深いものもあれば上滑りしているものもあるということです。

 ストレートを早く見せるために、カーブを思い切り遅く投げるのと同じで、人間の持つ闇を克明に描いてこそ、光はよりまぶしく映る。表現とは、そういうものではないかと思います。

 もちろん、まだまだ力不足で闇も光もくっきりと描けていないですが、目指すところは常に高くありたいと思っています。

関連記事

Posted by 美月小夜子@官能短歌で小説を | 2011/08/21 (Sun) | 制限 |


<<字数とバリエーション | 官能短歌で小説を・ホーム】 | リアリティ>>

プロフィール

美月小夜子

Author:美月小夜子

 官能小説を短歌で書けないかという想いが、ずっとありました。

 世に優れた官能短歌は多いのですが、短歌らしく一断面を切り取った物が多く、同じテーマで詠まれた一群の短歌であったも、ストーリー面でのつながりは弱いものがほとんどです。

 時系列でシーンを連ねつつ、当事者たちの心情も織り込み、尚且つエロティックな官能小説を短歌で。そんな無謀な試みに挑んでみている私の舞台裏を、備忘録を兼ねて書いてみようと思います。

 官能小説やエロ短歌を語りはするものの、このブログには官能を意図した表現はありません。よろしくご了解下さい。

最新記事

カテゴリ

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 駄文同盟へ FC2ブログランキング 文学・芸術ランキング

サイトマップなど

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。