官能短歌で小説を

エロティックな短歌を連ねて書く官能小説に挑戦している、美月小夜子と申します。官能表現と短歌への思い入れを書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 美月小夜子@官能短歌で小説を | --/--/-- (--) | スポンサー広告 |


情報過多の短歌

 腿叩くは、三十一文字に収めるのに苦労したというより、収めるのが無理な情報量だったと感じます。


張形の根が腿叩く衝撃が響く我が真処(まこ)電動の魔羅


 ペニスバンドをつけた私が、他の女性と交合するという状況なのですが、バンドの外側にディルドが付いているだけでなく、内向きにも電動バイブが付いていて、それは私の膣の中で振動しています。

 その状態でディルドを別の女性の陰部に挿し、腰を前後に動かします。彼女の膣に性具を根っこまで入れると、彼女の股間に私の恥骨辺りがぶつかって、その衝撃が膣のバイブに響いて気持ちいい、ということなのですね。

 ここまで書いて思ったのですが、それなら「腿叩く」ではなく「股叩く」の方がまだしもでしたね。直しましょう。

 連作短歌の形で詠んでいるため、一首の中ですべてを説明するのは初手から諦めていますが、それでも情報過多でした。

 弄くって気に入るようになるとは思えないけど、以下のように変えてみました。


張形の根が股を打つ衝撃の響く我が真処(まこ)魔羅は電動

関連記事

Posted by 美月小夜子@官能短歌で小説を | 2011/09/30 (Fri) | ひとり言 |


<<三音節の男性器 | 官能短歌で小説を・ホーム】 | 表示の好み>>

プロフィール

美月小夜子

Author:美月小夜子

 官能小説を短歌で書けないかという想いが、ずっとありました。

 世に優れた官能短歌は多いのですが、短歌らしく一断面を切り取った物が多く、同じテーマで詠まれた一群の短歌であったも、ストーリー面でのつながりは弱いものがほとんどです。

 時系列でシーンを連ねつつ、当事者たちの心情も織り込み、尚且つエロティックな官能小説を短歌で。そんな無謀な試みに挑んでみている私の舞台裏を、備忘録を兼ねて書いてみようと思います。

 官能小説やエロ短歌を語りはするものの、このブログには官能を意図した表現はありません。よろしくご了解下さい。

最新記事

カテゴリ

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 駄文同盟へ FC2ブログランキング 文学・芸術ランキング

サイトマップなど

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。